まつげエクステの松風 EYECOSME

まつげエクステのプロ用商材メーカーの松風が運営するオンライン卸売サイト

Overseas Sales

松風オフィシャルブログ

【2017年 松風本社ショールーム勉強会 / Eyeline Extension 大阪&東京セッション 】 申込受付開始のお知らせ

マーケティング担当 兼 ラグビー担当 の宮本です。

 

閏年、英語で「Leap year」ということで、うさぎやカエルのように「Leap=飛躍する」ことができればと思い始まった2017年。まるで3ヵ月ほどを一瞬で飛び越えたかのようで、あっという間にお鍋が恋しい季節になりました。

 

 

さて、今月は自分の時間を作る上で欠かせない書籍、新編 言志四緑(著:井原隆一氏)から「二三七条 心はよく物を是非す」の引用から始めたいと思います。

 

 

「心は即ち能く物を是非し而も又自らその是非を知る。これ至霊たる所以なるか。」

・・・人の心は物の是非善悪を定めることができ、しかも自分の心の善悪を知ることができる。これが人の心が霊妙である所以である。

●人はハカリで重さを、物指で長さを計ることはできるが自分の心の是非を計ることは難しい。秀れた人の心を己の心として収めることができれば立派なことである。

 

 

2017年度 松風本社ショールーム勉強会&アイラインエクステセッション同時開催のお知らせ】

皆様の高い志を持ち、常に真摯に対応するというお仕事への姿勢に支えられ、現在の松風があります。日頃のご愛顧に改めて感謝申し上げます。本年12月からの第12期においても、弊社松風はまつげエクステンションを通じてすべての消費者の笑顔と満足を分け隔てなく創造し、業界健全化への尽力を旨としてマツエクマーケティング創造に励んで参ります。


 

 

 

松風公認エデュケーター並びに公認インストラクター有志の皆様の継続的な『ピンクリボン運動』を受けて

2014年、2015年、2016年と3年連続で101日『ピンクリボンの日』に合わせて、乳がん患者さんをはじめ、そのご家族やご友人等に、まつげエクステの魅力をご紹介し体験頂き、多くの方々にまつげエクステに親しんで頂く活動を継続されているヤマグチ江美子氏、中瀬小夜香氏をはじめとした有志の皆様のお姿に感銘を受けることしきりでございます。より多くの方々の周知を得、この運動が継続し、有志の皆様の結束が更に強まることを願い当該活動に関し、松風公式情報サイト「MY EYES内、掲載メッセージを以下に抜粋させて頂きます。

 

 

『ピンクリボンの日』と「まつげエクステンション」

米国発祥の「ピンクリボン活動」は海を越え日本でも様々な取組みが行われています。

私どもサロンでサービスをご利用くださる方の中に抗がん剤治療の副作用や疾病・怪我などでまつげにダメージをもったお客様があります。ファッションツールとして多くの方に親しまれているまつげエクステですが、メディカルサポート的側面からも、お客様の悩みを解消し、毎日を生き生きと過ごしていただくためのお役に立っていることを多くの方々に知っていただきたいと考え、私の経験の中で培ってきた様々なケースを多くの方にお伝えし、互いに学び合いたいとおもっています。まつげエクステ業務従事者の「ピンクリボン活動」の取組みへの参加は、一人の人間として、また、技術者として、意義ある研鑽の機会となり、ひいては社会貢献にもつながる仕事にたずさわることになります。

引用:LAで活躍する松風公認エデュケーター山口江美子さんをご紹介

 

 

『ケアメイク』と「まつげエクステンション」

この度、障害、疾病、加齢、認知症などにより、化粧をしなくなった、できなくなった、あきらめた人たちに向けた、女性の「美しくありたい」を支えるケアメイクの活動をされている大石華法氏をお招きし、まつげエクステンションを通じて、幅広く社会のお役に立つ活動とは何かを学ぶべく、松風本社ショールームにおいて勉強会を開催する運びとなりました。


演題:「視覚障害者の化粧技法について~ブラインドメイク・プログラム~」

サブタイトル①:まつげエクステが担う化粧療法分野の役割(仮)

サブタイトル②:まつげエクステ施術空間を利用したウィッグコーディネート(仮)

講師:大石華法(一般社団法人日本ケアメイク協会 代表)

URL: http://www.caremake.jp/?page_id=882

日時:平成290116日(月)13:30 17:00

場所:株式会社松風 ショールーム

費用:無料

定員:20

応募方法:専用申込フォームはこちら

※同日に開催されますアイラインエクステセミナーにご参加の方はお申込不要です。

※松風公認資格取得者のご参加を優先致します。

※視覚障害者ブラインドメイク体験修了証書発行可能。(発行費用3,000円/任意)

★定員に達した為、参加申込受付を終了致しました。

 

【抄録】

化粧は社会人女性としての「身だしなみ」であると言われている。身だしなみとは、自分自身の容姿を整える心がけとこれから会う人への思いやりを意味しており、化粧とは女性の美しさと優しさ、上品さや裕福さを象徴するアイテムになっている。

2000年から2014年までの化粧の有用性に関する研究として、化粧には心理的・生態的効果があり、女性の社会性を促進し、QOLを高める効果があると報告されている。

また女性を精神面でも支え、社会的コミュニケーションを円滑にするという重要な役割を担っていると示唆されている。

近年、化粧社会のなかで視覚に障害があることで化粧に不自由を感じている女性はこれらを理由に化粧を諦める傾向にある。他者からの化粧評価が低いと自信を失い、化粧を施すことに不安を感じている女性が少なくない。これらは外出の減少、人や社会との交流減少に影響を及ぼしている。

演者は、2010年に鏡を見なくても化粧が綺麗にできる化粧技法「ブラインドメイク・プログラム」を考案したことで視覚に障害のある女性が自分自身で化粧することが可能となった。化粧が綺麗にできるようになった女性からは「自信をもって外出し、人や社会に交わることに対して前向きになった」「自己肯定感、満足感、幸福感を得ることができた」と高い評価を得ている。ブラインドメイクは、視覚障害者ではなく、一人の女性として当事者や社会が認識・再認識することに意義を求めている。

 

【大石華法氏 略歴】

1995年,中央大学 法学部法律学科 卒業

2010年,大阪中央理容美容専門学校 卒業

2012年,日本福祉大学 福祉経営学部 卒業

2013年,日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科 在学中

2016, 一般社団法人日本ケアメイク協会 代表

 

大石氏の推進するケアメイク活動に「まつげエクステンション」がどのように係わってゆけるのか?今後の方向性を見極めるためにも、皆様のご参加ご応募をお待ちしております。

 

★定員に達した為、参加申込受付を終了致しました。

 

 

■Eyeline Extension / まつエクでアイライン♥ / 大阪&東京セッション 申込受付開始のお知らせ


2016年より、弊社松風では、松風公認制度試験に合格頂いた方々、並びに合格された方々と共に日々業務を遂行されている施術者の皆様、そして、合格された方々の下で学ぶ皆様を対象として、今後も成果を出し続ける為に必要となる知識技術や能力の獲得を支援する為の取り組みをスタートいたしました。

 

第四弾、『技術者の好奇心を満たす、美しさと流行を表現できる最新マツエクデザインテクニックの共有企画』として開催させていただいたアイラインエクステセッション。流行を取り入れたまつげエクステ装着デザインの提案方法等について、ご参加いただいた大阪・東京延べ約70名の皆様と共に質疑応答を含めた議論は、まさに今後まつげエクステから発信される新たな「美」の表現方法を探ることができた大変有意義な時間となりました。ご多忙の最中にも関わらず、ご参加いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

 

“継続は力なり”と申します。

2017年度の本セッション開催のご案内をさせて頂きます。本セッションにご参加いただいた多くの方々に「久々にワクワクした、知的に興奮できる時間だった、やっぱりマツエクは楽しい、絶対サロンでメニュー化すべき」等々、大変有難いご意見ご感想を頂戴したことが次回開催決断のきっかけとなったことは言うまでもありません。

 

まつげエクステは、それだけで完璧に綺麗な目元に仕上げるのは難しく、サロンで施術を受ける顧客の多くがラインやシャドウなどのメイクアップツールを用いて、仕上げ、バランスを取っています。

 

2014年・2015年の過去2年間に実施したスタイルブック「マツエク。Beauty Style Book」の撮影において、ご参加頂いたスタイリストの多くが、メイクアップ、デザインに関する知識技術に不安を持たれていることがわかりました。(メイクアップに関する知識技術所有者は約110人中10人程度=約9%)

 

今から14年後の2030年には、自動化・人工知能の技術革新が進み、日本国内及び先進諸国においては少子高齢化がさらに加速します。その中で、まつげエクステの施術のみを武器として存続する事が可能なのか?という疑問に対して、「YES」と答えるには一抹の不安を覚えます。

 

私共松風が望む市場健全化に向けての取り組みにご共感頂き、松風公認制度試験に合格され、学ぶ意欲・向上心の高い方々が備えるべき強力な武器のご提供は、弊社が担う重要な役割のひとつだと考えております。

 

本セッションは、準備検証の為=環境分析=市場を理解する為に、松風公認制度試験に合格された方々及び本企画に賛同いただいた皆様と共に、どのような教育内容が実務レベルの向上に役立つのか、即ち、実践に役立つのかを、1日3時間で構成されるセッションを通じて、今後の方針について議論する場を設けるものです。

 

松風本社オフィスセミナールーム(大阪開催)とフクラシア品川クリスタルスクエア(東京開催)の2か所において、主に松風公認エデュケーター「原本洋平氏」、「伊東真紀氏」にご協力頂き、メイクアップ知識技術のひとつであるアイラインのベーシックと、アイラインエクステの手技を共有いただき、それを基に議論する過程において、具体的に何が必要なのかを抽出して参ります。


 

 

■【大阪セミナー&セッション】2017年1月16日(月)10:00–17:00 ※松風公式サイトのご登録アカウントが必要です(登録無料)

 

第一部 『技術者の好奇心を満たす、美しさと流行を表現できる最新マツエクデザインテクニックの共有企画』

第二部 『視覚障害者の化粧技法について~ブラインドメイク・プログラム~ まつげエクステが担う化粧療法分野の役割(仮)』

 

※応募方法:専用申込フォームはこちら

※前回ご参加頂いた方におかれましても、手技及びプレゼンテーション方法の再確認として参加お申込み可能です。

※②『視覚障害者の化粧技法について~ブラインドメイク・プログラム~ まつげエクステが担う化粧療法分野の役割(仮)』のみにご参加いただく場合は、上部の専用申込フォームよりお手続きください。

※大阪セミナー&セッションの開催日時は、2017年1月16日(月)10:00-17:00です。

※松風本社オフィスセミナールームにて行います。

★定員に達した為、参加申込受付を終了致しました。

 

★定員に達した為、参加申込受付を終了致しました。

 

 

■【東京セッション】2017年1月17日(火)9:30–12:30 ※松風公式サイトのご登録アカウントが必要です(登録無料)

 

『技術者の好奇心を満たす、美しさと流行を表現できる最新マツエクデザインテクニックの共有企画』

 

※応募方法:専用申込フォームはこちら

※前回ご参加頂いた方におかれましても、手技及びプレゼンテーション方法の再確認として参加お申込み可能です。

※東京セミナー&セッションの開催日時は、2017年1月17日(火)9:30-12:30です。

※フクラシア品川クリスタルスクエアにて行います。

 

 

 

目元に存在感 「目の際を際立たせた印象的な目元に。」

 

☆アイライン×アイデザイン=アイラインエクステ。(商標登録申請中)

 

アイラインエクステとは、アイライン(根元のデザイン)とアイデザイン(毛先のデザイン)の2つのデザインの組合わせにより、実際にアイラインを引いているかのように見せるOne × One の応用技法です。アイラインは、理想の目元を表現するために欠かせないメイクのひとつです。目の際にラインを引くと、目元を強調し、奥行きと深みをプラスすることが可能になります。そして、瞳をくっきりと大きく見せることや、まつげが沢山あるように見せることなど、目元を効果的に印象付けることができます。また、アイラインの形や色の濃さ、引き方によって「なりたい顔」に近づけること、目元の印象を変えることができます。美しさアップへの大切な役割を担います。アイライン、アイデザインそれぞれの濃さや形、カールや長さ、カラーの組み合わせで200通り以上のデザインやグラデーションを表現することができます。例えば、ヘアメイクチームとの連携を図ることで、今まで以上に多様性に応えられるサロン環境を整え、お客様をお迎えすることが可能になります。

 

※まつげエクステ施術者には、より正確で高度な技術が求められます。エクステサイズ選択に係る知識、お客様に似合うアイラインの引き方・出し方には専門の知識が必要です。導入時には必ず専用のカリキュラムを有したスクールを受講してください。

 

 

【Eyeline Extensionの注意事項】

One × One の手技で装着します。毛量が少ない方は、アイラインが綺麗に表現できない可能性があります。その場合、目尻側にのみアイラインエクステ装着を施すか、アイラインエクステの装着をお断りする場合がございます。

 

【ご自身でご持参頂きたいメイクアップツールリスト】

・リキッドアイライナー

 

※ご自身が普段お使いのリキッドアイライナーをご持参下さい。

※尚、進行上使用するツールにつきましては、弊社側でご用意いたします。

(協力:株式会社カネボウ化粧品「LUNASOL」)

 

 

また別途、スタイルブック第4弾お申込みに関する記事を追加させていただきます。

【Eyeline Extension / まつエクでアイライン♥ / 大阪&東京セッション 】 申込受付開始のお知らせ

マーケティング担当 兼 ラグビー担当 の宮本です。

 

【Eyeline Extension / まつエクでアイライン♥ / 大阪&東京セッション】申込受付開始のお知らせ

・・・前回のブログに記載させて頂いたアイラインエクステに関するセッション開催のご案内です。

 

2016年より、弊社松風では、松風公認制度試験に合格頂いた方々、並びに合格された方々と共に日々業務を遂行されている施術者の皆様、そして、合格された方々の下で学ぶ皆様を対象として、今後も成果を出し続ける為に必要となる知識技術や能力の獲得を支援する為の取り組みをスタートいたしました。

 

まず第一弾として、松風公認エデュケーター「ヤマグチ江美子氏」にご協力頂き、松風テキスト冊子の英文翻訳版の全改訂を実施し、海外で活動されている方々への知識情報資料をご用意いたしました。

 

第二弾は、まつげエクステを含めたメイクアップ、デザインの課題、関連する様々な問題等を参加者の皆様と共に育成プログラム体験セッションを通じて議論し、実践にこだわったカリキュラムの策定に係る情報共有を行いました。

 

第三弾は、まつげエクステメイクを学ぶ6日間の集中プログラム=実践力が身につく育成プログラム『プロに学ぶまつげエクステメイク:ベーシックとアドバンス(応用&トレンド)』を開催いたしました。

 

そして第四弾となる今回は、『技術者の好奇心を満たす、美しさと流行を表現できる最新マツエクデザインテクニックの共有企画』と題し、流行を取り入れたまつげエクステ装着デザインの提案方法等について、ご参加いただいた皆様と共に議論し、実践にこだわったカリキュラムの策定、及び新たな知識情報資料のご提供に繋げたいと考えております。

 

まつげエクステは、それだけで完璧に綺麗な目元に仕上げるのは難しく、サロンで施術を受ける顧客の多くがラインやシャドウなどのメイクアップツールを用いて、仕上げ、バランスを取っています。

 

2014年・2015年の過去2年間に実施したスタイルブック「マツエク。Beauty Style Book」の撮影において、ご参加頂いたスタイリストの多くが、メイクアップ、デザインに関する知識技術に不安を持たれていることがわかりました。(メイクアップに関する知識技術所有者は約110人中10人程度=約9%)

 

今から14年後の2030年には、自動化・人工知能の技術革新が進み、日本国内及び先進諸国においては少子高齢化がさらに加速します。その中で、まつげエクステの施術のみを武器として存続する事が可能なのか?という疑問に対して、「YES」と答えるには一抹の不安を覚えます。

 

私共松風が望む市場健全化に向けての取り組みにご共感頂き、松風公認制度試験に合格され、学ぶ意欲・向上心の高い方々が備えるべき強力な武器のご提供は、弊社が担う重要な役割のひとつだと考えております。

 

本セッションは、準備検証の為=環境分析=市場を理解する為に、松風公認制度試験に合格された方々及び本企画に賛同いただいた皆様と共に、どのような教育内容が実務レベルの向上に役立つのか、即ち、実践に役立つのかを、1日3時間で構成されるセッションを通じて、今後の方針について議論する場を設けるものです。

 

今回は、松風本社オフィスセミナールーム(大阪開催)とAFLOATスクール(東京開催)の2か所において、主に松風公認エデュケーター「原本洋平氏」、「伊東真紀氏」、松風公認インストラクター「原口和也氏」にご協力頂き、メイクアップ知識技術のひとつであるアイラインのベーシックと、アイラインエクステの手技を共有いただき、それを基に議論する過程において、具体的に何が必要なのかを抽出して参ります。

 

 

 

 

■【大阪セッション】2016年11月21日10:00-13:00 ※松風公式サイトのご登録アカウントが必要です(登録無料)

『技術者の好奇心を満たす、美しさと流行を表現できる最新マツエクデザインテクニックの共有企画』

※参加申込受付を終了致しました。

 

 

■【東京セッション】2016年11月29日10:00-13:00 ※松風公式サイトのご登録アカウントが必要です(登録無料)

『技術者の好奇心を満たす、美しさと流行を表現できる最新マツエクデザインテクニックの共有企画』

※参加申込受付を終了致しました。

 

 

 

目元に存在感 「目の際を際立たせた印象的な目元に。」

 

☆アイライン×アイデザイン=アイラインエクステ。(商標登録申請中)

 

アイラインエクステとは、アイライン(根元のデザイン)とアイデザイン(毛先のデザイン)の2つのデザインの組合わせにより、実際にアイラインを引いているかのように見せるOne × One の応用技法です。アイラインは、理想の目元を表現するために欠かせないメイクのひとつです。目の際にラインを引くと、目元を強調し、奥行きと深みをプラスすることが可能になります。そして、瞳をくっきりと大きく見せることや、まつげが沢山あるように見せることなど、目元を効果的に印象付けることができます。また、アイラインの形や色の濃さ、引き方によって「なりたい顔」に近づけること、目元の印象を変えることができます。美しさアップへの大切な役割を担います。アイライン、アイデザインそれぞれの濃さや形、カールや長さ、カラーの組み合わせで200通り以上のデザインやグラデーションを表現することができます。例えば、ヘアメイクチームとの連携を図ることで、今まで以上に多様性に応えられるサロン環境を整え、お客様をお迎えすることが可能になります。

 

※まつげエクステ施術者には、より正確で高度な技術が求められます。エクステサイズ選択に係る知識、お客様に似合うアイラインの引き方・出し方には専門の知識が必要です。導入時には必ず専用のカリキュラムを有したスクールを受講してください。

 

 

 

【Eyeline Extensionの注意事項】

One × One の手技で装着します。毛量が少ない方は、アイラインが綺麗に表現できない可能性があります。その場合、目尻側にのみアイラインエクステ装着を施すか、アイラインエクステの装着をお断りする場合がございます。

 

【ご自身でご持参頂きたいメイクアップツールリスト】

・リキッドアイライナー

 

※ご自身が普段お使いのリキッドアイライナーをご持参下さい。

※尚、進行上使用するツールにつきましては、弊社側でご用意いたします。

(協力:株式会社カネボウ化粧品「LUNASOL」)

http://www.kanebo-cosmetics.jp/lunasol/index.html

 

取り急ぎアイラインエクステのセッションに関するご案内でした。

また別途、記事を追加させていただきます。

【Eyeline Extension / まつエクでアイライン♥ / 2016 Autumn-Winter Debut 】 必ず覚えておいて欲しいまつげエクステの基礎知識

マーケティング担当 兼 ラグビー担当 の宮本です。

 

【Eyeline Extension / まつエクでアイライン♥ / 2016 Autumn-Winter Debut 】

 

 

 

 

目元に存在感 「目の際を際立たせた印象的な目元に。」

 

☆アイライン×アイデザイン=アイラインエクステ。(商標登録申請中)

 

アイラインエクステとは、アイライン(根元のデザイン)とアイデザイン(毛先のデザイン)の2つのデザインの組合わせにより、実際にアイラインを引いているかのように見せるOne × One の応用技法です。アイラインは、理想の目元を表現するために欠かせないメイクのひとつです。目の際にラインを引くと、目元を強調し、奥行きと深みをプラスすることが可能になります。そして、瞳をくっきりと大きく見せることや、まつげが沢山あるように見せることなど、目元を効果的に印象付けることができます。また、アイラインの形や色の濃さ、引き方によって「なりたい顔」に近づけること、目元の印象を変えることができます。美しさアップへの大切な役割を担います。アイライン、アイデザインそれぞれの濃さや形、カールや長さ、カラーの組み合わせで200通り以上のデザインやグラデーションを表現することができます。例えば、ヘアメイクチームとの連携を図ることで、今まで以上に多様性に応えられるサロン環境を整え、お客様をお迎えすることが可能になります。

 

※まつげエクステ施術者には、より正確で高度な技術が求められます。エクステサイズ選択に係る知識、お客様に似合うアイラインの引き方・出し方には専門の知識が必要です。導入時には必ず専用のカリキュラムを有したスクールを受講してください。(MKE,MKI限定モニターワークショップ開催予定 2016年11月21日,大阪/2016年11月29日,東京)

 

【Eyeline Extensionは、こんな方にオススメ】

・目の印象を変えたい

・ナチュラルに見せたい!でも、目力はしっかり欲しい

・アイメイクにこだわりがある

・理想の目元になりたい

・目元に悩みがある

・デザインで満足したことがない

・目に左右差がある

・目のたるみが気になる

・目を大きく見せたい

・アイラッシュカーラーを使ったときのようにまつげを上に上げたい

・まぶたをリフトアップしたい

・まつげが下向きに生えている

・アイラインを描くのが面倒くさい

・メイクオフした時も不自然な目元じゃなく自然が良い

 

【Eyeline Extensionの注意事項】

One × One の手技で装着します。毛量が少ない方は、アイラインが綺麗に表現できない可能性があります。その場合、目尻側にのみアイラインエクステ装着を施すか、アイラインエクステの装着をお断りする場合がございます。

 

 

 

 

【必ず覚えておいて欲しいまつげエクステの基礎知識】

 

前々回のブログでお伝えいたしました松風公認エデュケーター試験問題でも出題される可能性がある基礎知識。その際の例題は次の通りでした。「グルーが増粘硬化していく際に生成される極微量の揮発物質は主にホルムアルデヒドであると誤解している施術者が多いが、正しい成分は何か?」・・・主となる揮発物質は何か?というこの問いの答えは、シアノアクリレートそのものです。(シアノアクリレートモノマー or ポリマー)

 

施術中、目には見えませんが揮発物質は極微量必ず発生します。従いまして、瞼の縁=粘膜が露出してしまう「薄目を開けた状態での施術」は回避すべきです。上まぶたを引き上げる為に貼るテープは、施術中、リラックスされたお客様は瞼の力が緩んでしまう可能性がありますので、注意を払うべき大切なポイントとなります。お客様によっては、途中で貼り直すことがある等、事前にお声がけをしておく必要があるかもしれませんね。コンタクトレンズを装用したままの施術もまた、薄目が開いてしまう原因となりますので、施術時には外して頂くことが肝要であると言えます。

 

さて、その他にも覚えておいて欲しい基礎知識をいくつかピックアップさせていただきます。既に松風公認試験を受験されたことがある方々におかれましては、振り返りの内容として、ご参考になれば幸いです。

 

■Q1

一般社団法人日本まつげエクステメーカー連合会(通称まつれん)の自主基準で、「まつげエクステ用リムーバーは、アセトン・トルエン・酢酸エチル(シンナ-含む)を主原料として使用しない」と定められているが、アセトンの別名は?

 

■Q2

まつげエクステ施術におけるトラブル原因の多くは、グルー硬化時に極微量発生する揮発物質に起因します。数世代前のグルーは、施術後5~6時間を目安として洗顔や入浴を避けるように提唱していましたが、開発技術の進歩によって、マザーグルーシリーズおよびギプスグルーはこの目安時間が大幅に短縮されています。施術直後から何時間以上を目安として洗顔や入浴を避けるように提唱していますか?

 

■Q3

施術中、グルーが万一、眼又は眼周辺(毛穴や地肌等)でリムーバーを使用できない部位に付着した場合の対処方法について、正しい説明を具体的に1つ述べてください。

 

■Q4

「結膜」に関する問題です。下設の文章中の【   】の中に入れるA~Dの単語を埋めてください。

異物や病原体の侵入を防ぎ、目を守る働きがある「結膜」とは、【 A 】とまぶたの【 B 】を覆っている【 C 】の【 D 】膜です。

 

■Q5

新人スタッフが上まつげの施術練習を行う際には、目を閉じた状態で、地まつげに対して上または横を中心に人工まつげを接着するように指導すべきですが、その理由を具体的に1つ述べてください。

 

■Q6

過去に実際に起きた事例です。授乳中のお客様に施術をしたところ、翌日、まぶたが腫れてしまったというお電話を頂戴しました。このお客様はリピーターで、出産後は初めての来店です。授乳中のお客様は治療に時間がかかります、なぜですか?また、このお客様に対して施術を判断する前に施術者が行うべきだった適切な提案をそれぞれ具体的に1つずつ述べてください。

 

■Q7

新規来店のお客様から「私は妊娠中ですが、まつげエクステをしてもいいでしょうか?テレビで見て不安もあり、胎児に何か影響がないかとても心配です。絶対に問題がなければつけてみたいと思いますが問題ないですか?」と聞かれました。その時の適切な対応を具体的に1つ述べてください。

 

■Q8

正しい知識を習得することは、安全且つ安心なまつげエクステ施術を行う上で重要です。グルーの持続力は様々な要因で変化しますが、これを大きく左右するのは外部からの衝撃による破壊や様々な外部応力です。次の4つの応力のうち、グルーが最も破壊されやすい外部応力はどれか1つ選び、丸で囲んでください。

①引張

②引張せん断

③割裂

④剥離

 

■Q9

資料「カウンセリングシート日本語版 必ず確認しておきたい25個の質問事項」に記載されているお客様への質問事項「寝起きに瞼の腫れを感じることはありますか?」について、なぜこの質問をするのでしょうか?その理由を具体的に1つ述べてください。

 

それでは、このあたりで失礼します。

【マスカラからマツエクに変える。Before and After再確認】 スタイルブックスペシャルページのひとつを先行紹介

マーケティング担当 兼 ラグビー担当 の宮本です。

 

【マスカラからマツエクに変える。初心にかえりBefore and After確認】

 

Beforeはまつげエクステをつけていない状態とも言えます。そこで、マスカラをつけたまつげをBefore、エクステをつけたまつげをAfterとして、どちらがより綺麗な目元に見えるのかを確認してみたいと思います。見る人によって価値観が異なりますので、あえてどちらが良い悪いと評価することは避けたいと思います。ただぼんやりと見ていると、「なぜまつげエクステは魅力的なの?」という質問を頂戴するときに、ひとつの回答が見えてくるような気がしました。3月に書かせていただいたブログと同じですが、『神は細部に宿る(God is in the details)』=本当に素晴らしい技術やこだわりは、じっくり目を凝らして、パーソナルスペースを超えて気づく。マスカラでは表現できない繊細さが表現できるのが、まつげエクステの魅力のひとつですね。

 

【スタイルブックスペシャルページのひとつを先行紹介】

 

平成28年に初めて知った、アートは何かの役に立ってはいけない。デザインは限りなくどこかで役に立つ。アートとデザインが違う理由はここにあって、アーティストが作るアートはどれが正しいとかではなく全てが正しいという話。美容師の皆様にとっては当たり前なのかもしれませんが、ラグビー担当の私にとってはとても新鮮な情報でした。そこで、「もしまつげエクステが『アート』の中に組み込まれたら」どうなるの?という素朴な疑問をきっかけに、メイク監修にご協力いただいている原本さんに「今回はある種尖った形を作って欲しい」とリクエストし、スタイルブックスペシャルページのひとつをお願いしました。何だかよくわからないけど、衝撃や感動を覚えたので、少しだけ先行して掲載いたします。

 

 

それでは、このあたりで失礼します。

【かかあ天下と絹産業(シルク)】 必ず覚えておいて欲しいグルーの基礎知識

マーケティング担当 兼 ラグビー担当 の宮本です。

 

「亭主関白 vs かかあ天下」、前者を強く希望して家族生活を始めた当時。時より、のびたの勉強机が目の前にある夢を見ることがありますが、とあるアンケートによると、概ね半数が「かかあ天下」なんだそうです。多くの仲間が居ることにほっと胸を撫で下ろした瞬間でした。実はこの「かかあ天下」、本来は「うちのかかあは(働き者で)天下一」の意味で、富岡製糸場などで有名な、上州(現在の群馬県)の女性が養蚕・製糸・織物といった絹(シルク)産業の担い手で、男性よりも高い経済力があったことから、活発で働き者の女性を表す言葉として用いられていたことを知りました。扶養控除の廃止案が検討されている中で、追々「かかあ天下」比率が上がってくれば、絹(シルク)の魅力と共に、円満家庭が増えるのかもしれませんね。

 

 

【必ず覚えておいて欲しいグルーの基礎知識】

今年で7回目の開催となる「松風公認エデュケーター試験」の開催させていただく背景もあり、このテーマをお伝えいたします。※GIPS GLUE 用リーフレット裏面にも掲載しております。

既にまつげエクステの教育・指導に携わっておられる方や、過去に松風公認制度試験を受験いただいたにおかれましては、再度ご確認いただければ幸いです。必ず覚えておいて欲しいグルーのこと 「見えないから意識されにくい硬化時にごく微量発生する揮発物質(蒸気)」について、まずは下記のイラストをご覧ください。

 

 

まつげエクステンション用グルーの主成分であるシアノアクリレート(以下、CA)は、空気中の水等(重合のトリガーとなる物質)によって増粘硬化が開始されます。又、施術空間におけるPHの関与(アミン等)で反応性が変わります。まつげへの人工毛接着時、CAが増粘硬化してく際にCA本体に留まりきらなかったCAモノマーもしくはCAポリマーが空気中に蒸発し、空気中の水等により重合が起こりCAの蒸気が生成されます。CA蒸気は肉眼では確認できません。生成されたCA蒸気は周辺の被着体に付着し、空気に流動性が無い場合は局所的に白い粉をふいた状態となります。CA蒸気は、施術中に顧客の顔周辺に飛散しているため、テープやシート、保護クリームで保護し、仕上げには念入りに目元周辺にブロア等で空気を送ります。ブロア等はグルーの増粘硬化を促進し、CA蒸気等を顔周辺から遠ざけています。これによって僅かながらも感じる刺激臭と刺激物の肌への付着を軽減させます。尚、グルーが完全に硬化した後も、刺激がゼロになるわけではありません。施術空間がアルカリに振れると反応性は早まりますが、硬化が早いほど良いということではありません。施術中、眼(角膜・結膜等)にグルーが入ることは無いと確信しているにも関わらず、施術後、眼の異常を訴えた顧客が眼科を受診し「施術中にグルーが目に入ったことが疑われる」と診断された事例があります。肉眼では見えないCA蒸気の存在を認識し、回避方法を学ぶことは、より安全な施術を行う上で必要不可欠な基礎知識のひとつであるといえます。

 

尚、上記の基礎知識につきましては、松風公認エデュケーター試験問題でも出題される可能性があります。例題としましては、グルーが増粘硬化していく際に生成される極微量の揮発物質は主にホルムアルデヒドであると誤解している施術者が多いが、正しい成分は何か?など。(左記、設問としてはシンプルなので、あくまで参考問題です)

 

それでは、このあたりで失礼します。

【熊本地震支援募金プログラムの御礼】 第3弾のマツエク。スタイルブック撮影終了ご報告

マーケティング担当 兼 ラグビー担当 の宮本です。

 

【熊本地震支援募金プログラムの御礼】

 

改めまして、熊本地震支援募金プログラムにつきまして、たくさんのサロン様のご賛同、ご協力を頂戴し、深く感謝申し上げます。

このたび、熊本地震支援募金プログラム第1期(実施:4月26日~6月30日)分として皆様からお預かりしたポイントは、1ポイント=1円に換算し、熊本地震で被災された方への義援金として、弊社が責任をもって日本赤十字社大阪支部にお預け致します。

それと共に、皆様の思いも被災地の皆様にお伝えすることができましたら幸いに存じます。

 

全てのまつげエクステサロン様に深く感謝申し上げます。

 

今後も、皆様の心と心を繋ぐ活動に取り組んで参りたいと存じますので、引き続きご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

【第3弾のマツエク。スタイルブック撮影終了ご報告】

 

「第3弾の制作」となる本書を企画・制作するにあたり、本当に多くの方々のサポートを頂きました。終始ご指導、ご鞭撻を戴いたまつげエクステ業界関係者の皆様、並びに、貴重な時間を割きご賛同とご協力を戴いたサロンの皆様に深く感謝申し上げます。

 

今回は、新たな改善取り組みとして、参加ご協力頂く施術者の皆様に撮影当日のエクステ装着をお願い致しました。これは、「移動時間、撮影時間の制限によって撮影前日に装着しなければならないサロン様は、デザインが崩れてしまう。」という過去2回の撮影時に生じた課題を解決することが目的でしたが、もうひとつ、撮影にご協力頂くモデルさんを全て私共で揃えるという試みも行いました。瞬く間に過ぎた撮影4日間を通じて、撮影当日にエクステを装着する51名の素晴らしい施術者の皆様から伝わる「高いプロ意識と心地良い緊張感」は胸に迫るものがありました。

 

本紙デザイン作業は順調に進んでおります。今しがた、表紙のデザインラフが完成いたしましたので、ご紹介いたします。

 

 

本物のシルクが配合されたまつげエクステ「シルクプロテインアイラッシュ」を使用し装着頂いた今回の第3弾スタイルブック。貴重な時間を割きご賛同とご協力を戴いたサロンの皆様に、改めて、深く感謝申し上げます。

 

それでは、このあたりで失礼します。

【メニコンネクト×松風のコンタクトレンズケアに関するモニター企画】×松風最新&最先端の取り組み「GIPS GLUE」

マーケティング担当 兼 ラグビー担当 の宮本です。

 

【メニコンネクト×松風のコンタクトレンズケアに関するモニターご協力のお願い】

 

安全な施術環境を整えるための、少し踏み込んだ取り組みへのご協力をお願い申し上げます。

 

 

 

▼本モニター企画の目的は以下の通りでございます。

本年も、松風公認試験を受験し、合格頂いた皆様と共に、まつげエクステにおいてお客様がコンタクトレンズ(以下、CL)を装用したまま施術を受けることは「眼病トラブル発生の要因のひとつとなる」という正しい情報訴求を継続しております。

日本国内及び一部のアジア諸国、欧米におきましても、徐々に「サロン側の案内不足、知識不足、お客様の失念等」による施術時のCL装用は減少傾向にあると思われます。その中において、より具体的な本課題の解決手段を検討することによって市場安定化に向けた取り組みの加速が期待できると考えました。日頃から大変お世話になっているお得意先様から頂いたご縁により、メニコンネクトさんとの共同モニター企画を実施する運びとなりました。

 

●メニコンネクト社のご紹介 : Menicon Nect

 

▼まつげエクステサロン内におけるCLケアの重要性について

松風では、全てのサロン様に対しまして、特別な事由が無い限り、まつげエクステ施術を受けられるお客様には 「コンタクトレンズ(以下、CL)」をお外し頂くようお願いしております。

 

CLを付けたままの施術は危険です。薄目が開いた状態での施術を助長することになり、粘膜部分の露出によるトラブルを引き起こします。また、下図イラストのように、薄目が開いた状態で施術した場合はグルー硬化時に極微量発生する揮発物質によって、レンズ表面が白く濁ることがあります。白く濁ったレンズをそのまま使用すると、付着した揮発物質による酸素透過率の低下、結膜(まぶたの裏等)の刺激に起因するトラブルが生じる恐れがあります。まつげエクステ施術の際は、必ずコンタクトレンズを外すということを常に意識して施術にあたって頂くことがトラブルリスクを未然に防ぐ方策となります。

 

 

 

 

 

【Check Point !】

※1 眼を閉じた状態では涙が出ずに眼が乾く。

※2 レンズの厚みによって薄目が開きやすい。

※3 レンズ装用によって刺激に気付きにくい。

 

 

 

【松風最新&最先端の取り組み「GIPS GLUE」について】

 

まずはじめに、松風のアイラッシュサロン向け製品は、一般社団法人日本まつげエクステメーカー連合会が定める業界自主基準を遵守しています。そして現在、施術直後から2時間以内で完全に硬化する施術空間に合わせた4種類の日本製グルー「マザーグルーシリーズ」をご提供しておりますが、7月中を目途に、新たに海外で活躍されているハイレベルな施術者様及びまつげエクステ専門店(ヘアカラー施術空間とは異なる空間)で施術をされている高い技術を有しておられる施術者様に向けた最新グルーのご提供を開始致します。(最新&最先端の取り組みとは? 製品を無駄なく使い自社に利益を残す考え方に縛られず、より安全な製品を提供するために、短時間で完全に固まり切るグルーを提案しております。それが、マザーグルー及び間もなく登場するGIPS GLUEです。)

 

今回も、我儘なお願いにも関わらず快く引き受けて頂いたエデュケーター、インストラクターの皆様に深く御礼申し上げます。

 

それでは、このあたりで失礼します。

【熊本地震支援募金プログラムの御礼】 松風公認試験制度試験問題、定期アップデートについて

マーケティング担当 兼 ラグビー担当 の宮本です。

 

【熊本地震支援募金プログラムにつきまして、多くのサロン様のご賛同ご協力を頂戴し、深く感謝申し上げます。】

 

4月14日に発生した熊本地方を震源とする地震におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

 

本プログラムにおいてご寄付頂いたポイントは、第1期分(2016年6月末日まで)として、他のご賛同者様のご寄付ポイントと取りまとめた上、1ポイント=1円で換算した合計金額を日本赤十字社に寄付させて頂きます。

尚、ご寄付頂いたポイントは、松風ポイント募金として取りまとめて手続きさせて頂くため、領収書の発行並びに税金控除の対象とはなりませんこと何卒ご了承お願い申し上げます。ご不明の点はお気兼ねなくお問い合わせください。

 

皆様の温かい心を被災地の方々にお伝えすることが出来ましたら幸いに存じます。一人一人の顧客様が目に見えない絆によって繋がりを持ち、未来に向かって力強く歩んで行かれるよう、心より願っております。

 

 

 

【松風公認試験制度試験問題、定期アップデートについて】

 

本試験制度を受験頂いた方々は1,800名を超えました。私共の理念にご賛同いただき、貴重なお時間を割き受験いただきましたこと、改めまして、心より御礼申し上げます。

 

知識は、ただそれだけを習得しただけで万事OKのはずもなく、技術・精神・マーケティング・経営など他の重要な要素無くしてはその意味を成しません。

知識は、安全・安心なまつげエクステンション施術を行う上で最も重要な要素のひとつです。

知識は、時代の流れと共に進化し修正されていきますので、学び続けることが肝要です。

 

試験問題は定期的に更新(アップデート)されており、原則として、前回試験と次回試験の内容は異なります。

そして、試験問題の主要出題元である松風テキスト冊子もまた、新たな情報と共に、次回5月末頃を目途にVer4.0に更新されます。次回の更新に際しましては、主にグルーに関する知識と、眼の病気からコンタクトレンズとの関係に関する知識等が対象となります。

 

 

 

 

【マツエク。スタイルブック3rd参加ご協力のご連絡を頂戴した皆様への御礼とご報告】

 

今回も昨年同様に、ご応募者多数につき、厳正に抽選させて頂いた結果、複数のサロン様に対しまして掲載ご参加の貴意に添いかねる結果をお伝えすることとなりました。

予想を上回る多数のご応募をいただき、弊社といたしましても大変苦慮したうえでの決定であることを申し添えさせて頂きます。

予め限られた抽選枠しか設定できず、このような残念な結果をお伝えしなければならない事をたいへん心苦しく感じておりますが、何卒諸事情ご高察賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

これからも皆様のご期待に沿うべく日々努力する所存でございますので、何卒今後も変わらぬご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

【余談】

 

まつげエクステ施術における現在のデザイン提案は、徐々に「ヒューマニズム=貴方にしか合わないもの」に変化しているんですね。ここで言うヒューマニズムとは、思想主義の何たるかという意味ではなく、「ナチュラル=Jカール」や「キュート=Cカール」などの製品サイズに合わせた視点ではなく、個々に合わせたデザインの提供を進めるというニュアンスです。

 

松風はサロンを持たず、餅は餅屋という考えの元にプロ用製品の製造と情報をご提供し、「業界を良い方向に導くマーケティング」=「真面目なサロンのマーケティングを支援する」ことに特化しております。

 

縁の下の力持ち担当として、皆様の下にお越しになる一般消費者に喜んでいただく、そして同時に、市場が自然に大きくなるよう日々の業務を遂行しております。この写真のような消費者の笑顔を想像しながら、これからも様々な角度からマツエクマーケティングを創造して参ります。

 

 

 

 

それでは、このあたりで失礼します。

【第10回まつれん会議のご報告】+発色のいい抗菌ブラウン4色フリー素材ご提供

マーケティング担当 兼 ラグビー担当 の宮本です。

 

世界フィギュアスケート選手権に出場された選手が、衣装にあわせた色のまつげエクステを付けて演技に挑まれたそうです。

ライターの表現では、「それだけ思いを込めて挑んだプログラムだった。」

『神は細部に宿る(God is in the details)』 素晴らしい芸術作品や良い仕事は、細かいところをきちんと仕上げており、こだわったディテールこそが作品の本質を決定する。何ごとも細部まで心を込めて行わなければならない。

年齢・キャリア・業種・業態に囚われず、内外の教えから学ぶことが大切だと感じる記事でした。

 

 

【第10回まつれん会議のご報告】

3月23日に、一般社団法人日本まつげエクステ連合会(まつれん)の会議が行われました。本会議の詳細内容につきましては、まつれん公式サイトにて公開されるとのことなので、

今回は、第6号議案「人工毛のサイズ規定」についてお伝えいたします。

 

■議案提出の背景

美容学校・スクール等の先生方から「人工毛のサイズ」に関するお問い合わせを複数・定期的に頂戴しており、各組織ごとの異なった解釈による回答を避け、まつれん加盟メーカーの規定に統一化することが主な目的でした。

 

■お問い合わせ:「生徒への指導時に以下の内容を伝えたい。」

《1. 太さはどこを基準にしているのか?》

《2. 長さはどこからどこまでのことを言っているのか?》

《3. カールに基準はあるのか?》

 

■決議内容

人工毛のサイズ規定に関する情報が読み上げられ、『人工毛の太さの規定』及び『人工毛の長さの規定』の測定方法について説明がなされた。意見交換の結果、人工毛のサイズ規定を下記内容とすることについて採決を行ったところ、出席者全員の賛成により承認された。

 

■人工毛のサイズ規定

1. 人工毛の太さの規定

人工毛の太さは、根元部の直径となります。(※下図参照。)

※但し、長さの短い人工毛に関しては規定よりも細い場合があります。

 

2. 人工毛の長さの規定

人工毛の長さは、根元部から先端部までの全長のことです。(※下図参照。)

 

 

 

■補足事項

商材メーカーが集まる「まつれん」として人工毛のサイズ規定を提示するにあたり、《3. カールに基準はあるのか?》 につきましては、メーカー毎に若干表記名称が異なり、混乱を招く可能性を考慮し、今回は見送ることとなりました。

 

 

【発色のいい抗菌ブラウン4色フリー素材ご提供】

まず、製造安定化を図るべく誠意努力を続けているものの、未だ欠品状況が改善されない状況に対し、深くお詫び申し上げます。限定品としての提供解除には今しばらくの間、お時間を頂戴できれば幸いです。

 

本シリーズは、「ヘアカラーに併せた+プロ仕様のヘアカラーのように、発色の良いブラウンを製造して欲しい」という、リピーター企業(サロン)様からのご要望を受け、ご提供を開始したものです。

 

《#01 ダークブラウン》

《#02 レッドブラウン》

《#03 オレンジブラウン》

《#04 カーキブラウン》・・・開発時点ではアッシュブラウンという名称でした。

 

■データダウンロード

下記の画像データに表示しているモデル写真を全てJPGデータでご用意しております。ご入り用の際は下記からダウンロードくださいませ。

※圧縮ファイル(.zip)に元画像データが入っていますので、もしお使いのパソコンに解凍ソフトが無い場合は、お手数ですが別途ソフトをインストールしてからご使用ください。

(約120MBありますので、ダウンロード環境にご注意ください。)

 

※クリックするとすぐにダウンロードが開始されますので、ご注意ください。

 

●DATA : cleanlash brown

 

発色の良いブラウンまつげエクステ画像集

 

 

それでは、このあたりで失礼します。

【公認試験を開催する理由と今年のエデュケーター試験日】+スタイルブック3rd参加ご協力のお願い。

マーケティング担当 兼 ラグビー担当 の宮本です。

 

今日、Googleロゴが閏年バージョンに変わっていましたね。

ロゴをクリックすると、「29」のうさぎが飛んできて、「28と1」のうさぎの間に割り込んできました。

 

 

どうしてうさぎなの・・・?という素朴な疑問を解決しておくと、閏年は英語で「Leap year」ということで、「Leap=跳ねる=うさぎ」なんだそうです。

 

 

【公認試験を開催する理由】

 

うさぎやカエルのように「Leap=飛躍する」ことができれば良いのですが、今後には予測不可能なものがありますので、常日頃、やはり一歩一歩確実に学び前進することが大切だと感じます。その上で、私共が実施させて頂いている松風公認制度試験につきまして、受験頂いたサロン様とのお話から得た開催理由のひとつを簡潔に記します。

 

 

『公認試験は、短期的に「使える」専門家が育成されるわけではなく、知識自体を創造していくための基礎教育が含まれている。』

 

 

また、教えられの解釈として、すっと腑に落ちた書籍、新編 言志四緑(著:井原隆一氏)から「三二条 字なき書を読め」を引用させて頂きます。

 

「学は自得すを貴ぶ。人徒らに目を以て字あるの書を読む。故に字に局して、通透するを得ず。当に心を以て字なきの書を読むべし。乃ち洞して自得するあらん。」

・・・学問は自ら心に悟ることが貴い。しかるに多くの人は目で文字を読むだけであるから文字にとらわれて文字の裏にある事の道理が読めない。心眼を開き、字のない実社会の動きなどを心で読み自己形成に役立てるがよい。そうすれば自ら悟る所がある。

●「活字と活字の間を読め」とは先輩の教えであるが、活字を数えるだけでは物の用にはたたない。たとえば、新聞を読んでも、その記事からどのような影響が出るのか、それが自分や企業にどう響くか、などを洞察することが本当の本読みなのである。

 

 

 

【今年のエデュケーター試験日】

 

未だ確定はしておりませんが、2016年度の松風公認エデュケーター試験は、10月25日(火)の開催予定日として調整しております。この日の開催が確定した場合、おおよそ3か月前の6月中旬から下旬にかけて申込フォーム公開開始になるかと思います。

調整準備が整い次第、私共の公式サイトにてご案内申し上げます。何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

 

【マツエク。スタイルブック3rd参加ご協力のお願い】

 

まずはじめに、本企画にご協力頂いた全ての皆様に深く御礼申し上げます。

まつげエクステにおける「全国の有名サロン・隠れた人気サロン」の実践テクニックを惜しみなくご披露頂く写真中心のスタイルブックとして、2014年・2015年と第2弾まで制作して参りました「マツエク。Beauty Style Book」でございますが、ご参加頂いた延べ114店舗のサロン様、及び、国内外を問わず大変多くのサロン様から頂戴したご評価を元に、年次定例企画として実施する運びとなりました。

 

尚、今回、2016年度第3弾企画実施にあたり、以下の課題を解決することに致しました。

 

『過去2回共に「撮影モデルは参加サロン手配」を条件としていた為、モデルブッキングの労力と手間が、ご参加頂いたサロン様にとって負担になっていた。』

 

本年度第3弾におきましては、私共、松風がご参加頂くサロン様51店舗全ての撮影モデルをご用意致します。また、参加費:無料を継続致します。まもなく、公式サイトにてご参加申込フォームを公開致しますので、ご多忙とは存じますが、何卒、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

 

それでは、このあたりで失礼します。