まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
101/170

123123 顧客に人工毛を装着可能か判断しトラブルを未然に防ぐ為 顧客のご希望を理解し施術者と顧客の意思疎通を図る為 カウンセリングを通して自店の改善点や他店との違いを発見する為来店された顧客が抱く様々な疑問・不安・不満を理解し解決するのが、目の前で対面している施術者の役目です。コミュニケーションは施術前のカウンセリング時だけではなく、施術中・施術後も、顧客との関係が続く限り終わることはありません。人気サロンのリピート率が高い大きな理由に、コミュニケーション能力に優れたスタッフが多いこともよく知られています。もちろん、技術面が優れていることも重要です。 顧客に人工毛を装着可能か判断しトラブルを未然に防ぐ為人工毛の装着が可能かどうかの判断はサロン及び施術者に委ねられています。「絶対に安全」ではなく「トラ刺激に対する反応やアレルギーが生じる可能性は誰にでもあるという事を事前に伝えましょう。目にかゆみや違和感・異常が出た際の不安を減少、サロンへの不信感を取り除く事が出来ます。初来店・リピーターに限らず、顧客の体調は日々変化し、来店の度に変わっています。施術前に顧客の体調を把握しておく事を習慣づけておきましょう。また、毎回説明する事により顧客自身に意識付けしていただくことで、顧客自身の我慢や無理な施術によるトラブルを未然に防ぐこともできます。 顧客のご希望を理解し施術者と顧客の意思疎通を図る為顧客が抱くまつげエクステへの期待や希望にお応えするのはサロン及び施術者だけです。顧客が望むデザインやまつげのボリュームが実現可能なのかどうか。また、それが本当に顧客に似合うものなのかをお互いが理解し、納得するまで施術は控えるべきです。人工毛のカール・太さ・長さのみを基準にした説明は控えましょう。サロン及び施術者は仕上がりのデザインをイメージできても、顧客が本当に同じイメージを持っているとは限りません。一方的な説明を続けてしまうと、顧客は混乱しサロン及び施術者の意見に任せてしまいます。既に信頼を得ているリピーターの場合は理想的な形と言えるかもしれませんが、それに到達していない場合は顧客に不満が残る可能性がありますので、注意が必要です。 カウンセリングを通して自店の改善点や他店との違いを発見する為常に顧客に満足していただくためには、積極的に他店の情報を仕入れ、その取り組みを知ることも必要です。来店される顧客から聞く情報は、同業者からの情報とは異なり客観的な視点から捉えた重要なヒントを持ち合わせていることを忘れないようにしましょう。他店の情報を知り自店の改善に役立てることに加えて、顧客からの率直な指摘・指導を受け止め、自店の改善に役立てましょう。もちろん、理不尽な要求や理解し難い依頼などを素直に受け入れる必要はありませんが、常に前向きな対応を心掛けましょう。101カウンセリングの目的を知る【なぜ貴重な時間を使いカウンセリングを行うのか?】コミュニケーションの必要性カウンセリングを行う理由カウンセリングの重要性顧客満足度を向上させ、且つトラブルを事前に防ぐために何をしなければならないのかブルは起こりうる」という認識を持って顧客をお迎えするよう心掛けてください。※安全性の獲得※信頼性の獲得※優位性の獲得※安全性の獲得※信頼性の獲得※優位性の獲得

元のページ  ../index.html#101

このブックを見る