まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
103/170

※皮膚の一次刺激によるかぶれの反応をテストするもので、アレルギー反応を調べるテストではありません。以下の①~⑫に一つでも該当する場合は、パッチテストの実施はお勧めできません。※設定根拠:上記①~⑧は被験者保護のため、⑨~⑪は正確な判定のため、試験実施に不適当と考えられます。まつげエクステに親しまれる方が増えれば増えるほど、肌刺激に関する心配がより顕著となるでしょう。パッチテストの実施は施術可否判断のためのカウンセリングと共に必要不可欠なサロンワークとして定着していく傾向にあります。現在、医療目的ではない簡易的なパッチテストは、サロンでも既に広く行われておりますが、使用するツールや方法の選択についての迷いが解消されないまま実施されているケースがほとんどです。陽性反応が出た場合、顧客へのダメージが軽減される二の腕部位での行使に適い、必要部材がユニットとして一揃いに用意されているため、統一感を持った簡便な試験が可能な「まつげエクステ専用パッチテストユニット」が活用されることにより、サロンにおけるパッチテストへの取り組みがスムーズに進展することが期待されます。① アトピー性皮膚炎や湿疹等の皮膚疾患を有する者② パッチテストを行う部位(二の腕)に、試験評価に影響する皮膚異常が認められる者③ 薬物、金属のアレルギーの既往歴のある者④ 発疹や蕁麻疹等のアレルギーを起こしやすい体質の者⑤ 疾病の治療や予防等のために医療機関等で処置(ホルモン補充療法、薬物療法、運動療法、食事療法、その他)を受けている者、あるいは治療が必要な状態と判断される者⑥ 糖代謝、脂質代謝、肝機能、腎機能、心臓、循環器、呼吸器、内分泌系、神経系の重篤な疾患あるいは精神疾患の既往歴を有する者⑦ アルコールおよび薬物依存の既往歴を有する者⑧ 現在、妊娠・授乳中の者、近いうちに妊娠を希望する者⑨ 試験開始前2週間以内に試験評価に影響する可能性のある薬剤(ステロイド外用剤、湿布など)を使用した者⑩ 試験開始前4か月間以内に他のパッチテストを実施した者⑪ 試験開始時に他のヒト試験(化粧品、食品、医薬品、医薬部外品、医療機器等を用いたヒトを対象とする試験すべて)に参加している者、あるいは本試験の実施予定期間中に他のヒト試験を実施する予定がある者⑫ その他、試験担当者が試験実施に不適当と判断する者103まつげエクステ専用グルーによるかぶれが心配な方のためにパッチテストを実施できない方の条件簡易パッチテストを実施する

元のページ  ../index.html#103

このブックを見る