まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
110/170

毛先根元まつげには目を外敵から保護するという役割があり、チリやホコリなどが角膜や結膜にあたるのを防ぎます。まつげの生え際の周囲には知覚神経が集まっているため、ほこりが触れると角膜や結膜にあたる前に感じ取り、自然にまぶたを閉じます。通常のまつげは、まぶたから外側に向かって生えています。長さは10mm前後で本数には個人差がありますが、概ね上まつげは片目約100~150本、下まつげはその半数ほどです。まつげの構造は、キューティクル(毛表皮)・コルテックス(毛皮質)・メデュラ(毛髄質)の3つに分かれており、毛質は髪の毛同様に個人差があります。健康なまつげや傷んでいるまつげ、本数や長さなどにも違いがあり、人によっては下まつげが長い方やほとんど生えていない方、硬い毛質の方や柔らかい毛質の方、逆まつげの方等、様々です。また、手で軽く擦るだけで抜ける毛も含め、1日に5本前後抜け落ちるのが一般的です。装着したばかりのエクステが翌日に5本も抜けた、エクステが原因でまつげが抜けた等のクレームにならない様、あらかじめ毛周期の話を伝えておくと良いでしょう。まつげの特性を知っておきましょう◆まつげの内部コルテックス(毛皮質)メデュラ(毛髄質)キューティクル(毛小皮)◆毛周期により、まつげとエクステ が同時に外れることがありますColumn

元のページ  ../index.html#110

このブックを見る