まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
113/170

す。前処理の後にコームでまつげを整えながら、生えぐせを確認します。まつげの脂分を除去する事は、グルーとエクステの密着度、つまりエクステの持続力を上げるためにも最も重要な項目です。※脂分が残っていると持続力は低下します。この際、やさしく綿棒などでまつげを毛先に向かってなでるようにすると生え代わり時期で抜けかけている毛の多くは抜けます。クレンジング・前処理後には、まつげに水分が残らないようエアブロア等で乾かします。毛に水分が残っているとグルーが急速に硬化し、持続力が低下することがあります。様々な方向に向いて生えているまつげの方が多数いらっしゃいますので事前に整えると施術しやすくなりま※クレンジング、前処理後はまつげに水分が残らないようエアブロアでまつげを乾かします。前処理とは、まつげエクステを装着する前に顧客のまつげに付着した「化粧残り」「脂質」を除去して綺麗にする処理のことです。前処理を行わない場合、「持続力の低下」につながります。この前処理の工程で使用する道具は ① クレンジング(顧客がマスカラ、アイラインなどのメイクをしている時) ② 前処理用化粧水  ③ 綿棒・コットン・ファイバーブラシが必要となります。また、リペア(お直し、付け直し、付け足し)の際にはリムーバーが必要となります。常に清潔な状態を維持することは、眼病予防にもつながりますのでとても大切なことです。前処理は必ず実行しましょう。※施術前はコームでまつげを整えながらくせを確認します。113グルーは脂分やほこりがあると密着状態が悪くなるので前処理は必ず実行するKey points トラブルを起こさないために

元のページ  ../index.html#113

このブックを見る