まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
126/170

節の影響等で違和感を感じることがあるので、その場合は医師の診断のもと、速やかに対応しましょう。① 濡れたコットンをまつげの下に敷き、まぶたにリムーブ剤がつかないように保護します。コットンが粘膜や眼球に触れないように注意しましょう。② (目を閉じた状態で)マイクロブラシでリムーブ剤を取り、外したいエクステ部分に乗せます。最初から根元に置かず、少しずつ丁寧に根元方向に伸ばしていきましょう。③ 3分程度時間を置き、マイクロブラシまたは綿棒で軽く擦りながらエクステを外していきます。※ 取れにくい場合はリムーブ剤をつけ足し、少し時間を置いてからもう一度軽く擦ります。④ リムーブした後は、残ったリムーブ剤をクレンジングと精製水で綺麗に拭き取りましょう。※ リムーブ剤がまつげに残ったままエクステを装着すると持続力低下の原因にな ります。リペアの際は十分にご注意ください。※ 外れにくい場合でも力を入れて引っ張らないようにしてください。※ まぶたや肌にリムーブ剤が付着しないように注意してください。まつげエクステは日々少しずつ外れていくものです。装着方法や顧客のライフスタイル、扱い方などによっては部分的にまとまって外れることもあります。その際、すぐにサロンに行くことが出来ず、残ったエクステを引っ張って無理に外してしまう顧客もいます。リムーバーを使用せず無理に外すと、まつげの損傷、部分的な損失の原因となります。ご自身での取り外しは避け、必ずご来店していただきましょう。数日後に「肌に違和感があるため外してほしい」と要望する顧客もいらっしゃいます。体調や体質の変化・季126リムーブ手順まつげエクステを外す リムーブ

元のページ  ../index.html#126

このブックを見る