まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
131/170

① ツィーザーで簡単に取れる程度の人工毛であればリムーバーを使用せずツィーザーで外す。  ※ただし、硬化後のグルーが地まつげに残っている可能性があるため、リムーバーで除去する。② しっかりついている箇所はピンポイントでリムーブする。③ リムーバーを使用した箇所はクレンジング等でしっかり除去する。④ 装着箇所以外の地まつげ全体を前処理剤でふき取りクリーニングする。⑤ 通常と同じ様に人工毛を装着する。131方法リペアは顧客のまつげを知り尽くす事で習得できる特殊な技術リペアすべき時期は、顧客によって異なるライフスタイルやまつげの成長速度や毛周期の他、多数の要因によって異なります。なぜか片方だけ早く抜けるということは多々あることですが、それも何ら不思議なことではありません。顧客が無意識に触るくせや目の形などによって大なり小なりの違いは必ずあります。どのタイミングでリペアをするかは施術者がしっかりアドバイスするかどうかでも変わるものですが、顧客によって「美意識」にも相違があるものです。常に綺麗な状態でいたいと思う方もいれば多少の乱れは気にしないという方もおられます。そういった顧客ごとの違いを把握するのがリペアの技術習得につながります。顧客情報を覚えられない人は「顧客管理シート」などを作成して保存し、繰り返し指名されるリペアマスターになりましょう。顧客から指名され、繰り返し来店いただけるのもまつげエクステの魅力です。Key points トラブルを起こさないためにmemo

元のページ  ../index.html#131

このブックを見る