まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
157/170

エクスポージャーを適切にコントロールすることで、リスクの除去、抑制、防止ができます。ク・ファイナンシングが必要になります。リスク・コントロールは、事故損害の発生を防止し、また万一発生した事故損害の拡大を防ぎます。ハザードと例えば、まつげエクステサロンのスタイリストがツイーザーにより顧客の眼を傷つけ、大きな信用や信頼を失うという直接損害が発生します。その結果、店舗に来店する顧客が減少し、売上が長期間低迷してしまう間接損害も発生します。さらに、従業員の解雇、取引先との契約解除等、関連企業や美容業界にも多大なる影響を及ぼします。このように、1つの事故が発生することにより、2次、3次といった間接損害のスパイラルが発生します。対策が遅れれば遅れるほど損害は拡大し、その解決に膨大な労力とコストが掛かります。従って、初期の段階でリスクを把握し、適切なリスク・コントロールを行うことが事故損害を最小限に食い止める(抑制する)のに有効です。一般的に言われるリスクとは、過去・現在・未来の事象から発生する、予想した結果とのブレ(予想通りにいかない可能性)を指します。企業(サロン)は、現在おかれている事業環境を正確に把握し(1)起こりうるリスクの影響を評価し(2)適切な対策を講じ(3)そしてその結果を検証します(4)。この4つのサイクルを実行し、予想した結果とのブレ(予想通りにいかない可能性)を減少させ、将来へ向けて事業を安定・継続させていくことを、リスク・マネジメントと呼びます。以上のように、リスクをコントロールするだけでは損害を完全に防止することはできません。従って、更にリス157リスク・コントロール事故損害を最小限に食い止める(抑制する)手段・リスクの回避事業を行わないことです。つまり、まつげエクステメニューあるいは店舗(エクスポージャー)を無くすという対応です。しかし、リスクを回避してしまうと同時に収益機会を失ってしまいます。さらに、リスクを回避することでより大きなリスクに遭遇することも考えられます。例えば、需要の減少により、経営効率を上げるべく、今まで運営していた2つの店舗を1つにしたところ、その店舗が損害を被り稼動できない結果、施術が行えずに売上がストップするというリスクです。・損害発生頻度の減少カウンセリング無し(ペリル)の状態を改めることです。従業員の知識技術不足や接客能力不足(ハザード)を改善させます。関連情報を収集し、現状の把握・分析を行います。・損害金額の抑制発生した損害を最小限に抑え、または拡大を抑えることです。従業員の知識技術不足や接客能力不足(ハザード)を改善・減少させます。関連情報を収集し、現状の把握・分析を行います。・リスクの分散資産、業務等を複数に分散させることです。1店舗に来店する顧客(エクスポージャー)は減少しますが、逆に脆弱な内部体制(ハザード)が増加します。店舗を1ヶ所から複数の場所に分散させます。しかし、店舗の場所が増えること(分散)により、損害発生の可能性が増加します。・リスクの移転店舗(エクスポージャー)を第三者に移転することです。しかし、従業員の知識技術不足や接客能力不足(ハザード)は残ります。運営している店舗でのサービスを終了し、取引先との個別契約によりインショップとして運営します。業務の一部または全部を第三者に委託します。しかし、いずれの場合も移転先の第三者がリスクを適切に処理していないと、その損害を元の企業が負担しなければならないこともあります。

元のページ  ../index.html#157

このブックを見る