まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
18/170

18※3 まつげの生え際又は毛穴や地肌に付着すると、発赤、浮腫、疼痛、熱などを含む炎症反応や、本品付着部の不快感※4 接合後、約1時間が経過するまでに洗顔又は入浴、高温多湿環境下や何らかの刺激を与えると持続力が劣る。【知識ポイント】※重合とは、簡単な構造をもつ分子化合物が二つ以上結合して分子量の大きな別の化合物を生成する現象、また※装着後すぐに目を開けると、重合したポリマーが粘膜や眼球に触れる事で痛みを感じることがある。CHECK プロなら覚えておきたいトラブルを回避するための対処例■装着後はエアブロア等で十分に乾燥させる。ゆっくりと目を開けて頂き、まだしみるようならもう一度、ブロアで乾かす。■あらかじめ、装着後に違和感などがあれば連絡いただくように伝える。■目や肌に違和感(かゆみ、異物感、腫れ等)があれば専門医(皮膚科・眼科等)に診断を受けるようお伝えする。※診断■かゆみなど、違和感がある部分は「触らない・こすらない」ことをお伝えする。■症状が改善するまでお客様をサポートする。※異物感、かゆみ、痛み、いずれの症状でも必ずしもまつげエクステが原因のトラブルだと判断できないが、仮にそうであってもなくてもお客様からご相談があれば適切な対処をとらなければならない。「まつげエクステとは関係ありません」・「数日すれば治ります」・「菌がはいったことによる結膜炎です」・「目薬を差せば治ります」・「市販のかゆみ止めを塗ってください」など医療行為的な判断を勝手に行うことは絶対に避けること。【使用上の注意】1. まつげエクステンション以外に使用しないこと。2. 本品の塗布前には接合部分の十分な洗浄処理が必要なので、本品使用前には専用クレンジング及び専用前処理化粧水や精製水を用いて、マイクロファイバーブラシ等によりまつげ及び目元周辺の化粧、汚れ等を拭き取ること。又、使用する備品等も十分に消毒・洗浄しておくこと。3. 本品は速硬化性のある接着剤で、体組織、その他多くの物質(例えばツィーザー、かばんや衣服などの布製品)と接着4. 本品は重合し硬化する過程で重合熱を発する。余分な水分の存在は本品の重合を加速させるだけではなく、同時により多くの重合熱を発し、顧客は熱や不快感を覚えることがあるので、乾いた不織布ガーゼで接合部の余分な水分を必ず拭き取ること。5. 本品を使用する際は、眼や眼周辺に付着しないように、テープや保護シート等で保護すること。6. 万一、意図せず皮膚に付着してしまった場合は、皮膚を引っ張らずに専用のリムーバーを使用し剥離すること。水、精製7. 接合後、ブロア等を用いて本品を確実に乾燥させること。8. 施術後、持続力を維持するために、装着した人工毛及びまつげを触ったり、こすったり、水泳や長時間の入浴、高温多湿9. 施術後、まつげエクステンションの適切なケア方法について、顧客に十分説明し、顧客本人が理解したことを確認すること。※1 余分な水分の存在は本品の重合を加速し、まつげと人工毛の接合に影響することがある。※2 一人の施術に使用する本品の量は、通常2~3滴で十分であるが、容器から押出した時点で重合が始まるため、操作性を維持するためには、5~10分以内に新たに押出し使用することが望ましい。本品は、キャップをねじり開封した後、数分後には容器内で硬化が始まり、容器から容易に出なくなるため、適量を押出したら直ちに確実にキャップを閉めること。など有害事象が考えられるため、絶対に付着させないこと。はその反応のことである。起き上がって目を開けて頂く。書、領収証をお取りいただく。する。不注意に体組織や、リムーバー等の溶剤で容易に洗浄できないような物質と接触しないようにすること。水や石鹸等ではすぐに剥がすことはできない。※5環境下にさらさないように顧客に指導すること。■グルーの取扱説明書(例)

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る