まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
23/170

であっても「接着したグルーを溶かして毛を外す」という使用目的が化粧品の概念に該当しないためです。※メイクオフ用のリムーバーではありません。※松風のリムーバーは、肌に付着したり指で触れることによって直ちにトラブルになるというような危険なものではありませんが、肌に塗る事を目的としたものではありませんので、目元周辺はもとより肌にも付着させないようにしましょう。※肌にリムーバーが付着しないよう十分に注意し慎重に、綿棒やマイクロブラシ、コットンを使用しリムーブしま【安全性への取組み】当社(松風)では【アセトン(別名:ジメチルケトン、2-プロパノン)・トルエン・酢酸エチル(シンナー含む)】を主原料とするリムーバーは販売しておりません。まつげエクステ業界自主基準=まつれん自主基準に準ずる。リムーバーの主成分は炭酸プロピレンという成分です(松風の場合)。溶剤としてのグルーを溶かす能力は低いため、多少時間を要し外しづらく感じますが、安全性を考慮して本タイプを使用するのが一般的です。以前は「すぐに外せる」という利便性からアセトンや酢酸エチルなどが市場に出回ったことがありますが、目元で使用するには「液だれした場合の危険性が高い」ということを理由に使用されなくなりました。リムーバーは通常「化粧品」ではありません。国内の化粧品工場で、化粧品の成分だけを使って製造したものしょう。マイクロブラシ・販売元、成分、連絡先不明で商品名しか書いていないようなリムーバーは絶対に使用しないでください。・リムーバーはグルーに比べ軽視されがちですが、グルーと同様に溶剤です。十分に注意して取り扱わなければなりません。・「ネイル用リムーバー」「アセトン」「酢酸エチル」などのリムーバーは使用せず、まつげエクステ専用の成分が明らかなリムーバーを使用しましょう。・リムーバーはグルーと同様にメーカー発行の使用説明書をよく読んでから使用しましょう。・リムーバーはグルーとの相性を考えて作られています。必ず同じメーカーの製品を使用しましょう。・リムーバーもグルーと同様に揮発することによって劣化するため、キャップはこまめに閉めましょう。23リムーバーの成分多少時間がかかるくらいが望ましい。素早く外れるほど危険性が高い。 コットントラブルを起こさないために

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る