まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
24/170

①過去にまつげエクステを装着した際、装着時又は装着後に眼や瞼が腫れる・②過敏体質(アレルギー症状等)の方で、化粧品等でお肌に異常を感じた経験③目をこする癖がある。※上記2つの項目に該当する顧客に関しては、まつげエクステの施術をすることによる上記記載と同様に【かゆみ、かぶれ、その他違和感等】が発生することがあります。顧客には化粧品等と同様でご自身の判断となりますが、心配がある場合は施術をお控えいただくよう予めご了承いただきましょう。水分を拭き取る。量静かに押出す。ローズフレグランスクリームリムーバーかゆくなる・赤くなるなどの異常が発生したことがある。がある。まつげエクステンション専用リムーバー24【構成成分・主原料等】炭酸プロピレンモンモリロナイトラウリン酸PEG-12酸化チタンマイカ酸化鉄スクワラン水酸化Al香料【使用目的】接合されたまつげと人工毛(エクステ)を取り外す際に用いる化粧品原料のみで構成されたまつげエクステンション用リムーバー(溶剤)である。【使用方法】1.本品を使用(塗布)する前にまつげ及び目元周辺の化粧、汚れ等をクレンジングで拭き取る。2.本品がまつげと人工毛(エクステ)の接合部分に直接塗布されるように乾いた不織布ガーゼで接合部の余分な3.容器を梱包用フィルムから取り出す。4.角度を垂直に保持し、キャップをねじり開封する。5.キャップが不潔な床等に落ちないよう、清潔な台の上に置く。6.容器の先端を下に向け、指で容器の腹を押し、専用トレー又はシート、清潔な綿棒又は不織布ガーゼに本品を適7.まつげと人工毛(エクステ)の接合部に清潔な綿棒又は不織布ガーゼに押し出した本品を適量塗布する。 ※18.本品を適量塗布したまま、接合部に浸透するまで放置する。 ※29.接合部に十分浸透させた後、マイクロブラシ又は綿棒を用いて接合された人工毛(エクステ)をまつげからやさしく取り外す。同時に、接合時に用いたまつげエクステンション用接着剤もまつげからやさしく取り外す。   ※3 ※4 ※510.施術時に誤ってグルーの付着した人工毛を肌に落としてしまい、肌に付着したグルーを直ちに除去することを目的とした場合の肌への微量使用は問題ない。その際は、本品をマイクロブラシ又は綿棒に微量取り、グルーの付着した部分をマイクロブラシ又は綿棒でやさしくこすり、その後コットンと精製水でしっかり拭き取る。※6※1 本品は化粧品原料のみで構成されているが、まつげの生え際又は地肌に付着すると、顧客によっては発赤、浮腫、疼痛、熱などを含む炎症反応や、本品付着部の不快感などの有害事象が生じる為、絶対に付着させないこと。    ■補足資料-取扱説明書【特記事項】 ※必ずお読みください■リムーバーの取扱説明書(例)Ingredients label

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る