まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
26/170

・施術中に落としてしまった場合は必ず消毒済みのものに交換すること。・先端が鋭く尖っているため、使用する角度は常に維持し、集中すること。・生体親和性に優れたチタン製でも金属アレルギー発生は皆無ではないので、皮膚に触れないこと。・お客様毎にアルコール消毒(他:オートクレーブ、UV殺菌)済みの物を使用すること。まつげエクステの施術は通常、人工毛を把持する利き手用と、顧客のまつげをかき分ける逆手用として2本のツィーザーを同時に使用します。その他テープを剥がす場面などでは、先端形状が丸型になっている安全性の高いものを使用します。先端形状が丸型のツィーザー高純度型ステンレスでもアレルギー発症の原因となることがある。ステンレスよりも軽くアレルギーも発症しにくい。26ツィーザーの役割一般的なツィーザーの材質まつげエクステ専用ツィーザー注意点(衛生上、怪我の予防対策)ツィーザー使用例・ステンレス製・チタン製

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る