まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
39/170

39テープは粘膜や眼球に触れないように貼る!!テープも衛生的に!サージカルテープ専用の容器に入れて保管・使用!!サージカルテープカッター無知なテープワークは 「眼科直行」 そんなトラブル原因のひとつ!!テープの貼り方は、顧客の目の形状によって微妙に変化させなければなりません。正しい貼り方や注意点をしっかり覚えてトラブルを未然に防ぎましょう。テープでまぶたを持ち上げる際、施術者の視点から見ると顧客の目は閉じているように見えていても、実際には薄目が開いた状態になっていることがあります。常に多方向からの正確な確認と、顧客への声掛け確認が必要です。また、眠ってしまうと目の周りの筋肉が緩み、薄目が開いてしまうことがありますので注意が必要です。もしそのまま施術すると、目の表面が乾燥し目が痛くなるというトラブルに発展しかねません。安易に見られがちなテープワークですが、経験を重ねていくと、その重要性への理解が深まり、顧客によって相当な時間をかけることもあります。まつげエクステのトラブルで「施術当日、翌日に目が痛くなってきた(要因は、角膜や結膜に傷)」という事例がありますが、その多くに関与していると考えられるのがテープワークによるものです。貼り方や商材の選び方、顧客への対応方法など、全てにおいて正しい知識を習得しましょう。テープは眼球と粘膜が触れない位置に!まぶたを引っ張り過ぎると薄目の原因になるので要注意!トラブルを起こさないために

元のページ  ../index.html#39

このブックを見る