まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
49/170

【オートクレーブでの蒸気滅菌】(上記消毒の分類Ⓒを採用)高温高圧の飽和水蒸気による滅菌処理をするための装置、あるいはその処理のことをいう。短期間で滅菌ができ、有毒な化学物質などを用いず、設備も放射線滅菌や化学作用による滅菌に比べて容易である。金属(ツィーザーやシザー等)・布類(ガーゼ・コットン等)・ゴム(エアブロア等)・液体(洗浄水等)などの滅菌が可能。空気を極力排除し、飽和水蒸気で満たされているという前提で、滅菌条件を摂氏115度で30分、121度で20分、126度で15分の時間となっている。●消毒方法の一例49器具別、最適消毒方法一覧・ツィーザー・シザー…ⒶⒷⒸⒹⒻⒼⒽ    ・グループレート…ⒶⒸⒻⒼⒽ・コーム…ⒶⒸⒻⒼⒽ            ・ エアブロア…ⒶⒸⒻⒼⒽ・乾燥タオル…ⒸⒺ              ・プラスチック・ゴム素材…ⒶⒸⒻⒼⒽエタノール 消毒用エタノールに10分以上浸す。器具消毒の流れ汚れの洗浄→消毒→消毒液の洗浄→清潔に保管消毒済みと未消毒を分けて保管するグルコン酸クロルヘキシジン0.05%グルコン酸クロルヘキシジンに10分以上浸す。紫外線消毒器紫外線消毒器内の紫外線灯より85μw/c㎡以上の紫外線を連続して、20分間以上照射する。紫外線が当たらない部分には効果がないため、陰にならないよう注意する。

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る