まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
56/170

{}【 角膜 】 いわゆる黒目にあたる部分で、目の最も前面にある透明な膜です。【 結膜 】 目の表面にある白目部分とまぶたの裏側を覆う半透明の薄い膜です。56目の構造涙液(涙)について涙腺排出管(涙腺)上眼瞼マイボーム腺前房隅角マイボーム腺開口部眼瞼縁睫毛前眼房涙液瞳孔角膜虹彩シュレム氏管下眼瞼(眼)球結膜(眼)瞼結膜結膜嚢鋸状縁縦断面図目の表面は、常に均一な涙の膜で覆われています。涙は、角膜の表面を潤して目を乾燥から守り、ほこりや雑菌などを洗い流して異物の進入を防いでいます。その他、角膜に酸素や栄養分を補給する働きがあります。涙は三層構造になっています。油層涙の一番外側にある層で、上下まつげの周辺にあるマイボーム腺から分泌される油性の液体です。涙液を油の膜で覆うことで蒸発を防いでいます。水層三層の真ん中にあり、角膜に供給するための栄養素や酸素を含んでいる層です。涙全体の大部分を占め、涙腺から分泌されています。ムチン層水層の内側、角膜と直に接する層です。結膜の細胞から分泌されており、粘り気のある液体で、水分を目の表面に定着させる働きがあります。外界の光を通して光を大きく屈折させます。角膜は5つの層に分かれています。白目に位置する眼球結膜とまぶたの裏側に位置する眼瞼結膜、それらのつなぎ目になる袋状の結膜嚢からなります。異物や病原体の進入を防ぎ、目を保護する働きがあります。外眼筋後眼房水晶体毛様体小帯毛様体硝子体強膜脈絡膜網膜網膜中心動脈網膜中心静脈視神経乳頭視神経

元のページ  ../index.html#56

このブックを見る