まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
60/170

ことができます。「毛周期」は、まつげエクステの持続期間に大きく影響します。致します。この時間に栄養を与え十分に睡眠を取ると、まつげの再生・成長を促進することができます。ちてから発毛までの準備段階に入る時期(休止期)を1サイクルとする毛周期を繰り返しています。まつげのメカニズムを知ることで、顧客の不安を取り除き、よりまつげエクステの魅力を効果的にお伝えする毛周期とは、体毛が生え変わるサイクルのことで、まつげにも備わっているメカニズムです。人によりまつげの本数や毛質が様々なのと同様に、毛周期も人によって異なります。まつげは成長と休止を行いながら、生えたり、抜けたりといったサイクルを繰り返しています。例えば、今日抜けたまつげの毛穴から明日また生えてくるのではなく、少し休憩して栄養を蓄えてから、新たなまつげとして再度成長していきます。抜けたまつげの毛穴が休憩している間に、今まで休憩していた毛穴が活動するため、見た目では常に同じくらいの本数を全体的に保っているのです。このまつげの毛周期を正しく理解し、事前のカウンセリングで顧客にもご理解頂くことで、まつげエクステの持続期間等に関するトラブルを未然に回避することができます。まつげは目を外敵から保護する為にあり、ほこりなどが角膜や結膜へ侵入するのを防ぎます。日本人の場合、まつげの長さは約5~10mm前後で、本数は個人差がありますが上まつげが片目約100~150本、下まつげがその半数程度です。一般的に1日で5本前後自然に抜け落ち、約0.1~0.18mm成長します。まつげの成長が最も活発になるのは、PM10:00~AM2:00の間で、成長ホルモンの分泌が盛んな時間帯と合まつげは、生えはじめ(成長初期)・伸びる時期(成長期)・成長が止まる時期(成長後期・退行期)・抜け落成長初期成長初期まつげの成長は止まり、やがて抜け落ちます。60毛周期についてまつげについてまつげの毛周期サイクルについてまつげの毛周期成長後期退行期休止期まぶたの中でまつげの成長が始まりまぶたの外に出て伸びていきます。成長後期から退行期の始めまでが人工毛を装着するのに最適な時期です。

元のページ  ../index.html#60

このブックを見る