まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
64/170

Q, まぶたの形の関係や下向き気味の地まつげのために、まつげエクステのカール感を出すのが難しいお客様には、どのようにエクステを装着したら良いですか?A, 下向きまつげや上がり難いまつげの矯正効果を望まれる、まぶたのリフトアップ効果を望まれる、そのようなお客様へのご提案として、「アイラインエクステ」技法での施術をお勧めいたします。アイラインエクステは、多彩なエクステの組合せでデザインを構築する技法です。同じデザインでも、使うエクステによって仕上りは変化し、お客様の多種多様なご要望に応えることを可能とします。アイラインエクステ技法を適用してまぶたをリフトアップさせる考え方は以下の通りです。短く太いエクステでまつげを持ち上げるように装着すると、その力に引っ張られるように、吸いつくように、地まつげが上がります。まつげはまぶたの内側にある毛根までつながっているため、まつげが持ち上げられると同時に、まぶたも持ち上げられ物理的にリフトアップします。地まつげよりも短く太いエクステを多本数、地まつげ積層の1 層目に入れることによって、まつ毛を根元から持ち上げる効果が得られるということです。(※地まつげは横一列に生えてはおらず、複数の層の重なりとして生えています。目に対して一番内側の層にアイライン(用)エクステを、その外側の層にアイデザイン(用)エクステを、バランス良く装着する事によって、アイラインエクステは完成します。)リフトアップ効果を高めるためのアイライン用とアイデザイン用のエクステの組み合わせとしては、アイライン用として先太抗菌シルクタッチ太さ0.15mm、 アイデザイン用としてシルクプロテイン太さ0.09mmのご利用を推奨させて頂いております。疑問を解消!松風ヘルプセンターお問い合わせ&回答例②URL / https://help.eyecosme.jp/hc松風公式サイト アイコスメ内ヘルプセンターでは、商材についての様々なQ&Aを掲載しております。Column

元のページ  ../index.html#64

このブックを見る