まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
7/170

・ 体調の悪い方に施術してしまう(コンタクトレンズや花粉症が原因で、目の調子が優れない方)・ カウンセリング時の説明不足−(稀に生じるリスク説明がない)・ 業界自主基準に適合していない道具の使用や施術ミス・ 道具や施術空間の衛生管理が行き届いていない一般に広く認知されるようになったまつげエクステですが、まだ歴史の浅いメイク手法であるがゆえに、統一された基準や資格というものがなく、安全に施術するために必要不可欠な基礎知識を記載した教科書も今まで存在しませんでした。そのため、施術者の我流による施術が行われており、市場規模拡大と共に様々なトラブルが発生しています。原因はマスコミが報じるような明らかな施術ミスよりも、知識不足によるものが多くを占めます。具体的には以上のような事柄が考えられます。2013年から、道具の安全性向上を考えるメーカーで構成された一般社団法人日本まつげエクステメーカー連合会により、業界自主基準の策定と普及啓蒙活動が始まりました。2014年には、ようやく美容学校での教育も本格的に開始され、まつげエクステも美容師の生涯教育の一つとして位置づけられるようになりました。正しい知識と確かな技術により施術提供されることで、消費者が安心、安全のもとに施術を受けられることが期待されます。BeforeAfter接着部位使用期間装着感デザイン選択肢7まつげエクステの課題装着イメージつけまつげとの違い(比較)つけまつげ肌(まぶた)に接着1日で外れる(外す)毛束に違和感があるテンプレートから選択まつげエクステ毛に接着。皮膚に接着しない※毛穴から2mm程度離す2~3週間程度外れない違和感はほとんどない長さ、太さ、カール、色から選択

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る