まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
74/170

ます。施術ミスを誘発してしまう可能性も考えられます。目には、水晶体という、カメラで例えるとレンズにあたる部分があります。通常水晶体は、遠くにピントが合うような厚さですが、近くを見るときはさらに厚くなってピントを合わせます。そのピントを調節しているのが水晶体の周りにある毛様体筋という筋肉です。毛様体筋は自律神経という神経に支配され、遠くを見るときは弛緩し、近くを見るときは収縮します。そのためパソコンや書類、テレビなどで近くの物を見続けていると毛様体筋が緊張し続けることにより、目が疲れるのです。74なぜ目は疲れるのか?眼精疲労とは眼精疲労の症状施術者と眼精疲労施術に携わる大半の方が、常日頃から慢性的に目の疲れを感じているのではないでしょうか?眼精疲労は、目の疲れや肩こりなどを引き起こします。ここでは施術者の健康について考えてみたいと思いまつげエクステの施術は繊細さが要求され、神経を使い、目を酷使する作業です。また、長時間同じ姿勢を維持しなければならないため、身体の血流が悪くなります。このような身体の緊張が続く作業は、眼精疲労になりやすい環境といえます。眼精疲労は、目の疲れや痛み、目のかすみ、肩こりなどの症状を引き起こします。そうなれば、集中力が落ち、また、眼精疲労はまつげエクステをしていない人でも起こりうる病気です。俗に言う「疲れ目」とは、二つに分類されることがあります。一つ目は休息や睡眠によってすぐに回復するもので「眼疲労」と言います。これが一般的に知られている「疲れ目」にあたるものです。二つ目は、睡眠や休息を取っても目の疲れが残り、頭痛や肩こりなど身体にも影響がでる症状です。これを「眼精疲労」と呼びます。目、時には身体にも症状が現れ、充分な睡眠や休憩をとってもなかなか治りません。目の症状 : 目が疲れる、かすんで見える、ぼやける、目が重い、しょぼしょぼする、痛い、充血する、 涙が出る、まぶしい   体の症状 : 頭痛、めまい、胃痛、食欲不振、便秘、肩こり、倦怠感眼精疲労は、生活環境などが変わらないかぎり、自然に治りにくい症状です。また、目に異常を感じなくとも身体だけに症状が現れることがあります。肩こりや頭痛が慢性的に起こるが実は眼精疲労だった――などの場合もあります。

元のページ  ../index.html#74

このブックを見る