まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
83/170

刺激が原因の「刺激性接触皮膚炎」とアレルギー反応で起こる「アレルギー性接触皮膚炎」に大別されます。詳細な問診(原因物質の推定)とパッチテストが必要です。肌が敏感な人は、化粧品や金属製のアクセサリー、ゴム手袋など身の回りにある物が肌に触れることで、かゆみや発疹を引き起こすことがあります。同じように、まつげエクステの施術用品が肌に触れることで、かゆみや発疹を引き起こす方が稀におられます。このような何らかの物質が肌に接触することで引き起こされる皮膚の炎症は、医学的に接触性皮膚炎(かぶれ)と呼ばれ、アレルギー性と刺激性に大別されます。同様に接触により起こる皮膚の反応がじんましんの場合は、接触性じんましんと呼ばれ、広義の接触性皮膚炎として扱われることもあります。接触性皮膚炎とは、特定の物質が皮膚に接触することによって起こる炎症のことです。物質による皮膚への症状刺激性接触皮膚炎では接触した部位に一致して症状が出ますが、アレルギー性では接触した範囲外にも症状が出るのが特徴です。赤み(紅斑)と腫れ(膨脹)、みずぶくれ(アレルギー性では小水疱、刺激性では大水疱)を特徴とし、かゆみ、ほてり、時に痛みなどを伴います。原因物質を避けられずかゆみにより掻き続けると、慢性化して皮膚が厚く硬くなりきめが粗くなります(苔癬化)。接触性じんましんは蚊に刺された時のような皮膚の一過性限局性のむくみ(膨疹)で通常数時間で治ります。刺激と接触することが原因の「刺激性接触皮膚炎」刺激性のある物質が皮膚に直接接触することによって起こります。刺激性が弱くても皮膚の調子がおもわしくない場合に発症することもあります。代表的な原因には、アルカリ・酸などの化学物質、毒性を持った動植物、石鹸や洗剤、化粧品などがあります。症状の度合いは皮膚が受ける刺激・毒性の強さ、量や濃度、接触時間などによって決まります。例えば、毒性が強い場合は、その分症状も重くなります。また、普段なら症状の出ない弱い刺激でも、長時間接触していたり頻回に接すると、蓄積されて症状が出ることがあります。アレルゲンが接触することが原因の「アレルギー性接触皮膚炎」アレルゲン(アレルギーの原因物質)が接触することで、アレルギー反応を介して皮膚炎が起こります。過去にアレルゲンに反応する免疫システムを獲得した(感作という)特定の人にだけ発症します。感作には約一週間以上を要しますので、生まれて初めて接触した物質には反応しません。アレルゲンに接触した場合、症状がでる時間は数時間から1日、長いときには2、3日後と遅れて発症し、人によって発症時間は異なります。アレルゲンとしてよく知られているものに、うるし、サクラソウなどの植物や、金属などがあります。診断には光接触性皮膚炎接触性皮膚炎の中には、接触だけでは発症せず、接触した上に紫外線が当たって初めて発症するめずらしいものもあります。これを「光接触性皮膚炎」と呼び、やはり「光刺激性接触皮膚炎」と「光アレルギー性接触皮膚炎」の2種類にわかれます。日光裸露部に出現するのが特徴で、診断には光パッチテストが必要になります。83接触性皮膚炎についてまつげエクステと接触性皮膚炎

元のページ  ../index.html#83

このブックを見る