まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
91/170

レーシックは、一般的によく知られるようになった視力矯正手術です。まつげエクステと直接の関係はありませんが、どちらも目(目元)に関わるものです。レーシック希望者には、見た目の問題から眼鏡を掛けたくない、また、コンタクトも面倒という背景の方も多く、容姿への関心が高い、時間の効率を求めるといったまつげエクステの顧客層と重なる部分があります。手術前まつげエクステをお控えいただきます。まつげエクステを装着している顧客には、手術の数日前までにリムーブしてください。理由として以下の事が挙げられます。・手術前の消毒時にまつげエクステが外れたり、邪魔になったりします。・メイクやまつげエクステは、手術中に使用する点眼や麻酔の邪魔をします。手術後顧客の主治医に了承をいただきます。術後しばらくは、感染防止のためにも、目に刺激を与えないようにする必要があります。まつげエクステを施術する際は、顧客から主治医に了承を取っていただきましょう。屈折異常について「物を見る」ためには目に入った光が角膜と水晶体を通って網膜に焦点を結ぶ必要があります。屈折異常とは、その焦点が何らかの原因で網膜に合わなくなり物がぼやけて見える状態のことです。網膜の手前に焦点が合ってしまう状態の「近視」、網膜の後に焦点が合ってしまう状態の「遠視」、角膜や水晶体がわずかながらに歪んでいるために焦点が合わない状態の「乱視」などがあります。歪んでいるために焦点が合わない状態の「乱視」などがあります。歪んでいるために焦点が合わない状態の「乱視」などがあります。正常な状態(正視)91レーシック手術をする予定がある、もしくは手術をした顧客への応対レーシックとはまつげエクステとレーシック網膜に焦点が合う状態網膜の手前に焦点が合う状態近視網膜の後に焦点が合う状態遠視

元のページ  ../index.html#91

このブックを見る