まつげエクステ技術者養成基礎講座 Ver.6.1
92/170

1眼球用のカンナ(マイクロケラトーム)2フラップを開いて角膜内部の実質層と呼3フラップを閉めます。っています。92レーシック手術方法屈折矯正手術についてレーシックは、眼鏡やコンタクトレンズを使用せず、角膜に手術を行うことで屈折異常を矯正する手術です。角膜はレンズの機能を持っているので、一部に切込みを入れたり削ったりすれば、レンズの度数が変更され視力が矯正されるという仕組みです。初期の視力矯正手術は、メスを使用して直接角膜に切り込みを入れるRK手術という方法が用いられましたが、現在はほとんど行われていません。その後、エキシマレーザーと呼ばれる特殊なレーザーで角膜の表面を直接削る「PRK」と言う手術法が開発されました。レーザーはコンピューターで制御されているため、かなり正確に角膜の度数を調整できます。しかし、広範囲に傷ができるため痛みが残り、手術後の傷が回復しないうちは安定的な視力を得ることができませんでした。そこで、角膜の内部のみをレーザーで削るレーシック(LASIK)が考案されました。もしくはレーザー機器で、角膜表面を薄くそぎ切りにしフラップと呼ばれる蓋を作ります。ばれる部分をエキシマレーザーで照射します。フラップは自然に吸着します。手術自体10分程度で終了し、手術後の痛みもなく安定した視力が得やすく、現在は屈折矯正手術の主流とな①フラップを作成②レーザー照射③フラップを元に戻す角膜

元のページ  ../index.html#92

このブックを見る