ギプスグルー / まつげエクステの松風

Overseas Sales






※グルー製品保証書は厚手ケント紙使用・ハガキ版両面印刷の体裁となっております。上記画像は額装イメージでございます。
※グルーご注文時に製品保証書同梱ご希望の場合は、「その他お問い合わせ」の欄に「保証書同梱希望」の旨、ご入力をお願い致します。



まつげエクステンション用グルーの主成分であるシアノアクリレート(以下、CA)は、空気中の水等(重合のトリガーとなる物質)によって増粘硬化が開始される。又、施術空間におけるPHの関与(アミン等)で反応性が変わる。まつげへの人工毛接着時、CAが増粘硬化していく際にCA本体に留まりきらなかったCAモノマーもしくはCAポリマーが空気中に蒸発し、空気中の水等により重合が起こりCAの蒸気が生成される。CA蒸気は肉眼では確認できない。生成されたCA蒸気は周辺の被着体に付着し、空気に流動性が無い場合は局所的に白い粉をふいた状態となる。CA蒸気は、施術中に顧客の顔周辺に飛散しているため、テープやシート、保護クリームで保護し、仕上げには念入りに目元周辺にブロア等で空気を送る。ブロア等はグルーの増粘硬化を促進し、CA蒸気等を顔周辺から遠ざけている。これによって僅かながらも感じる刺激臭と刺激物の肌への付着を軽減させる。尚、グルーが完全に硬化した後も、刺激がゼロになるわけではない。施術空間がアルカリに振れると反応速度は早まるが、硬化が早いほど良いということではない。施術中、眼(角膜・結膜等)にグルーが入ることは無いと確信しているにも関わらず、施術後、眼の異常を訴えた顧客が眼科を受診し「施術中にグルーが目に入ったことが疑われる」と診断された事例がある。肉眼では見えないCA蒸気の存在を認識し回避方法を学ぶことは、より安全な施術を行う上で必要不可欠な基礎知識のひとつである。




海外で活躍している施術者からのご要望に対して精査検討を始めたことがきっかけで、本品の開発に着手した。評価の高いサロンにおいては、企業経営者、管理職、弁護士、医師をはじめ女優、タレントなど、日々多忙を極めるリピート顧客(クライアント)の要望に応える中で、施術時間の短縮を実現させることが重要なテーマに挙げられている。日本に比べ平均的に湿度が低いEU・北米地域での使用を前提にセットタイム(初期硬化時間)を調整した超低粘度&短時間完全硬化型グルー。当然のことながら、このテーマは、日本国内における繁盛店のトップ施術者も同様であり、開発コンセプト上の懸念としては、超速乾かつ最適な塗布量をコントロールできる圧倒的に優れた技術者以外は取扱いが困難となる可能性が高いことにあった。即ち、正確かつ顧客に合わせたスピーディな施術ができる技術者向けグルーであることを前提とする。